歴史

François Czapek 氏は、ポーランド暴動後の1832年にスイスにたどり着いたチェコ出身の素晴らしいポーランド人腕時計職人でした。そして1832年の到着後すぐに、地元のスイス腕時計職人と共に彼の初の「企画」である、CZAPEK & MOREAU を製作しました。

1836年、 Czapek 氏はもう一人のポーランド人亡命者であり、軍隊の経歴を持つ Patek 氏に出会いました。2人共ポーランドの蜂起に参加していたことから、非常に親しくなりました。Czapek 氏は、Patek 氏を高級時計製造の頂点に誘い、彼の将来の妻、Marie Denizart 婦人に彼を紹介しました。

1839年5月1日、Antoni Patek 氏と François Czapek 氏は、PATEK, CZAPEK & CIE の名の下に、ジュネーブで6年間のパートナーシップを確立しました。このパートナーシップにより、いくつかの優れた時計が製造されました。Czapek 氏は時計製造の責任者を務め、一方 Patek 氏は販売および会社を率いていました。

初期パートナーシップの解散後、1845年5月1日に、Patek 氏は彼の名前を冠して新会社を設立し、Czapek 氏は CZAPEK & CIE 社を設立しました。Czapek 氏の新会社は栄え、彼は皇帝ナポレオン3世の廷臣のための腕時計職人になりました。また、ジュネーブのアトリエを構え、パリ・ヴァンドーム広場に 1 店舗、そしてワルシャワにもう 1 店舗を所有していました。彼は、ポーランド語で書かれた最初の本のうちの1冊である、時計製造についての本を書きました。しかしながら 2 冊目が出版される前に亡くなりました。

高精度で素晴らしい芸術的才能の遺産は、象徴的な時計会社 Czapek & Cie を、現代的なブティックグランドへと姿を変えた、今日スイスの企業家、および腕時計職人に受け継がれています。

2015年~2016年に会社は、クラウドファンディング株式を通して復活した初の高級時計会社となり、友人、民間投資家、世界中の時計愛好家の間で、200万スイスフランを調達しました。