時計の詳細

マスターホールマーク

復活と永遠のシンボル

「金のハチ」(実際にはセミ)は、457 年にメロヴィング朝の国王に即位し、クロービス(フランク王国の初代国王)の父親でもある、キルデリク1世のトゥルネー(F)の墓で発見されました。それらは、フランス皇帝の紋章であると考えられています。その後、金のハチはフランス帝国、およびナポレオン三世のシンボルとなりました。

それらは復活と永遠を表します。

Czapek & Cie は、「poinçon de maitre」(ホールマーク)として、Czapek社の称賛に値する名誉への証、Fournisseur de la cour(朝廷への御用達)« Horlogers de S.A.I. Le Prince Napoléon »…として、またそのリバイバルのシンボルとして、「金のハチ」を採用することにしました。

エナメルのシークレットサイン

長い間忘れられてきた「臨機応変の才」の起源は少なくとも2世紀に遡ります。それゆえ現代に取り戻すことを求めていたのです!もはやそれを使用している人はいません。それを確認する方法はと言いますと? 光線をエナメルに反射させ、Czapek 氏の手書きのサインを探してみてください。

このサインは、 ジュネーブの記録文書資料で入手可能な、Czapek & Cie の会社登録に記された François Czapek 氏のサインの再現です。

*以下の一部のモデルでのみ採用 : ケデベルグ N°33 bisN°33 N°31N°29 bisN°29

エナメルのシークレットセンテンス

高温焼成の各エナメルダイヤルにはシークレットサインが刻まれています。偽造を防止するこのサインと共に、バイヤーは、ダイヤル上に刻まれるほとんど目に見えない文字の刻印をリクエストすることもできます。

このアイデアは、父に何か言葉を贈りたいと思った投資家によって提案されました。バゼルで発表されたモデルでは、デヴィッド・ボウイの歌詞を使ったこの特別なパーソナライゼーションをご案内してきました。このフレーズは、太陽が一定の角度でダイヤルに反射したときのみ目に見えます。それは控えめなパーソナライゼーションの究極です。

「フルール・ド・リス」飾り針

新たに考案された技術:18K ゴールドの「フルール・ド・リス」飾り針は、Czapek 社のチームによって再発見されました。Aurélien Bouchet 氏と共に、直径 0.10mm の精度を有する工具のおかげで、厚さ 0.35 mm の「フルール・ド・リス」飾り針の製作に成功しました。

神秘的な2つの針

Czapek 社の2つの針は、日付と曜日の7日間パワーリザーブを表示する独自の方法であり、モデル 3430 で初めて採用されました。19世紀の時計においては、週に一度、日曜日のミサの後に巻き上げられていました。また、François Czapek 氏もこのモデルを考案したときにそうしていました。

パワーは、それが完全に巻き上げられる日曜日に蓄えられ、それが空になる土曜日に切れます。(パワーリザーブは、時計が日曜日に止まってしまうことがないように、7日間+12時間以上です)。

オープンラチェット

ケデベルグのコレクションは、時計製造の芸術における最も厳しい規則に従ってCzapek 社の腕時計のために特別に開発されたムーブメント製品群初のSXH1 キャリバーの誕生を告げます。

キャリバーのアーキテクチャは、1850年に François Czapek 氏によって考案され製造された歴史的な時計、ポケットウォッチ N.3430 からインスピレーションを得ています。ダブルバレルに加え、ブリッジの対称性およびサテン仕上げにより、美しいオープンラチェットが生み出されました。それは、2015年に遡る驚きのディテールであり、 SXH1 ムーブメントに組み込まれています。

「レボリューション」ケース

我々はチタンおよびスチールを使って、よりモダンで少し「反発的」な、ファミリーの第2子のようなケースを作り出すことを目指しました。しかしながら問題はクラウンプロテクションを内蔵することでした。そこで Aurélien 氏と共に、一つのラウンド形状を別のラウンド形状(ブール関数の偏差)に一体化させる解決策を見つけました。それがこの「レボリューション」の名の由来です。それは時計製造における「プレミア」です。

「ビニル」カーボンダイヤル

ユニークなイノベーション: 単一方向性カーボンシート上の独特な 0.4mm カーボンリング。片方がブラックであればもう片方はグレーになり、またその反対といったように、それらは同じように光をキャッチすることがありません。リングにより古いアナログレコードのように、細かいマークが示されます。

「XO」 ステンレススチール

いまだかつて作られたことのない、抗腐食性の独自のスチールです。それは北海およびほとんどの酸に対して耐性があります。その機械的な特性は、腕時計職人がより簡単に作業できるように、スタビオにある Montanstahl 社により再加工されてきました。だれがその本当の名前を発見するでしょうか?